ホーム > 塗り替えの基礎知識 > 塗り替えはなぜ必要?

建物の劣化を止めるために

外壁塗装の目的は2つ、「建物の保護」と「美観の維持」です。

塗装の目的

ホコリや雨じみ及び排気ガスといった外界による汚れや色褪せをリフレッシュする
一滴たりとも外気の水を建物内に侵入させない

外壁にも様々な種類があります。モルタル・サイディング、トタン、ALC、RC・・・など。何れも長期に渡り紫外線や雨風といった厳しい環境に晒され続けるので、外壁の塗り替えを行わないと、劣化はどんどん進行します。

例えば、塗装の劣化で生じた隙間へ、水が浸入することで土台や柱の錆、カビの原因となり、結果的に建物の構造の脆弱化を招いてしまいます。一見、塗装とは無関係でも、地震による倒壊の危険性をも高めてしまうのです。このような危険があるにも関わらず、塗装の必要性や適切な塗り替え時期については、あまり浸透していないのが実情ではないでしょうか?

劣化を遅らせるために

建物の経年劣化を止めることは、残念ながら出来ません。ですが、外壁塗り替えを正しく行うことで、劣化を遅らせ、建物を守ることは十分に可能です。それと同時に「早め早め(定期的)の塗り替えを、先手を打って行うことしか、劣化から建物を守る方法はない」とも言えるでしょう。

雨漏りやヒビ割れというのは、建物からのヘルプサインと言えます。快適に、長く住み続けるため、サインを正しく読み取って、定期的な塗り替えを行いましょう。

実際に自分の目で外壁を見てみる!

意識して注意深く外壁の状態をご覧になられたことはありますか?

まずは外壁の状態を実際に注意深くご自身で観察してみることが、塗り替えの必要性を判断する際にオススメの方法です。色褪せやヒビ割れなど、これまで全く気にも留めなかった外壁からのサインが発信されてるかもしれません。

1つでも当て嵌まるものがあるなら、塗り替えの必要があります。大倉塗装では調査・お見積もりを無料で承っています。どうぞお気軽にお問い合わせください!

塗り替えチェックシートはこちら

ページ先頭へ戻る