ホーム > 塗料を「素材別」「性能別」で選ぶ!

外壁や屋根など場所によって使用する塗料の種類を変えた方がいいケースがあります!

外壁や屋根からの雨漏りは本当に多いです!

一般の戸建住宅の不具合で1番多い報告が、外壁・屋根からの雨漏りです。
水が住宅内に浸入することで壁に染みが出来たりカビの発生や腐食を起こし、お家の寿命が縮んでしまいます。
塗料によっては、水の浸入を防ぐ役割を持っているものもあります。だからこそ塗装工事の中で塗料選びは非常に大切です。
塗料を製造しているメーカーは最低100社以上、海外メーカーも含め日本にあると言われています。
各メーカーが様々な種類の塗料を製造しており、またその塗料の持つ役割も膨大な数になります。

塗料選びは慎重にしましょう!

塗料を選ぶ際のポイントは「素材別」で選ぶのか「性能別」で選ぶのかです。

今現在で建築用塗料にも種類が何千とあります。
その中で、どのような塗料をどういった観点で選べばよいのでしょうか?
塗料を選ぶ際、よくいただく質問を下記にまとめてみました。

Q.外壁、屋根塗料の見積りをお願いしたところ色々な種類の塗料が出てきました。この中からどの塗料を選択すれば良いのでしょうか。

それぞれの塗料によって特徴が異なります。建物の状況や現状の悩み、今後の計画によって選択する塗料は変わってきます。
素材の違いはもちろん、塗料には水性、弱溶性、添加剤などの違いにより多くの種類があります。 この塗料が良いです、これはダメです、と一言で言えるものではなく、塗り替えを行う住宅の立地条件や築年数、素材や劣化状況などの建物の状況や、お客様の住まいに関するご要望、この家を今後どのようにメンテナンスして、何年住み続けるか。などによって選ぶことが大切です。ですので実際に塗り替えをする前の打ち合わせが非常に重要です。

安価のシリコンとウレタンで性能は十分と塗装屋さんから説明を受けましたが本当に大丈夫でしょうか?

シリコン塗料・ウレタン塗料など同じ塗料の中でもメーカーや商品によって、質は様々です。
基準として、まず耐久年数を把握しましょう。

シリコン塗料やウレタン塗料は、一回の塗り替え価格が機能性塗料に比べ安価なものもあります。
ただし、素材の塗料でも耐久性はまちまちで、一般的にはシリコン塗料は約7年~10年、ウレタン塗料になると約5~7年の耐久性になります。
ここで視野に入れないとならないのが次回の塗り替え時期はいつにするかということ。
もし10年以上で次回の塗り替え工事をお考えなのであれば、ウレタン塗料やシリコン塗料では耐久性が不十分な場合があります。
なお、約10年~13年が一般的な塗り替え頻度といわれています。

耐久性以外に重要なことはありますか?

雨水から家を守る事が重要です。その為に防水性が高い塗料をオススメします。
外壁のひび割れた箇所から雨水や湿気が浸入すると一気に住宅の劣化を促進させます。
雨水は壁内に侵入すると、木材の腐食が起こり、雨漏り等を引き起こしたり、カビ等が断熱材に繁殖し、ハウスダストの要因となる場合もあります。
だからこそ、水から家を守る塗料には防水性が必要です。

なぜ建物にひび割れが起こるの?
戸建住宅で使われている外壁材の多くは、モルタル(リシン吹き)/窯業系サイディングボード/ALCとなりその主材はすべてセメントです。押しつぶす力(圧縮力)が非常に強いので、屋根の様な重いものが乗っても潰れることはありませんが、その反面、引っ張る力には弱く、その引っ張る力に負けて、やがてひびが入ります。
また吸水性が高いので、表面の防水(塗装)が切れると雨水をよく吸ってしまい、ひび割れを引き起こします。

何か他に、塗料選びで気をつける点があれば教えて下さい。

塗料にも他の製品と同じく、メーカーの製品保証があると安心です。
塗料メーカーは様々な製品テストを行った上で塗料の製品化を行います。
メーカーの長期保証があるということは実験データに基づいた塗料への品質の自信でもあります。

人と環境に優しい塗料で近隣にも配慮を行いましょう。
少なくとも塗装工事の際はご近所に迷惑をかけることになります。
中でも、匂いにおいては近隣の家と距離が近い場合、匂いの無い塗料を使用するなどの配慮が必要です。

建物のニーズに応じて必要な機能性塗料を選びましょう。
塗料は日々進化しており、様々な機能を持つ機能性塗料が開発されています。
ご自宅が夏場非常に暑いと感じていらっしゃるのであれば遮熱性能を持った塗料を、汚れがつきやすい環境でいつまでもキレイな外観を保ちたいということであればセルフクリーニング性能がある塗料を、湿気やカビが気になるのであれば防カビ性能のある塗料など、ご自宅の悩みを解決してくれる塗料をオススメします。

結局、どういった塗料を選べば良いのでしょうか?教えてください。

もちろんご自宅の状況や素材などにより、選ぶ塗料の種類は変わります。 長期的に住宅の価値を守る事のできる塗料かということが最も大事と言えるでしょう。
長期的にご自宅の資産価値を維持する為に下記の条件を考慮して最適な塗料を選び、今後の塗り替え工事を是非成功させてください。

人と環境に優しい塗料で近隣にも配慮を行いましょう。
少なくとも塗装工事の際はご近所に迷惑をかけることになります。
中でも、匂いにおいては近隣の家と距離が近い場合、匂いの無い塗料を使用するなどの配慮が必要です。

良い塗料選びのポイント

・雨水の侵入を防ぐため高弾性を有する防水性を備えた塗料をオススメします。
・一回分の塗装価格だけでなく長期で見てコスト低減をできる塗料ですか?
・選択した塗料に何年の製品保証があるか確認しましょう。
・塗り替えを行う業者が自身をもって推奨している塗料ですか?
・ご自宅の悩みを解決してくれる性能は付いていますか?
・人と環境に優しい塗料ですか?

ページ先頭へ戻る